韓国の2020年第1四半期のGDP成長率はどこまで落ち込む?

韓国の2020年第1四半期のGDP成長率はどこまで落ち込む?
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国の2020年第1四半期のGDP成長率はどうなるのでしょう?昨年2019年第1四半期は-0.4%でしたが今年2020年第1四半期は新型肺炎の影響でそれ以上に落ち込むと予想されています。それでは韓国報道の内容を解説していきます。


スポンサーリンク

記事「「コロナ衝撃」現実、第1四半期の成長率後退どこまで」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:「コロナ衝撃」現実、第1四半期の成長率後退どこまで

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 韓国銀行が第1四半期の実質国内総生産(GDP)成長率速報値を4月23日に発表する予定
  • 第1四半期の実質国内総生産(GDP)成長率はマイナスになる可能性が高い
  • 問題はどこまでマイナスになっているのかということ。2008年のリーマンショック(-3.3%)、1998年の金融危機(-6.8%)と比べてどの程度落ち込んでいるのかが注目される
  • 国際格付け会社フィッチは今年の韓国の成長率を0.8%から-0.2%に下方修正、第1四半期の成長率は-0.3%、第2四半期は-3.0%と予想している
  • スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)も、韓国の今年の年間成長率見通しを-0.6%に下げた。モルガン・スタンレーは-1.0%、国際通貨基金(IMF)は-1.2%に予想を引き上げている。国内では韓国経済研究院(韓経研)が今年の国内経済成長率見通しを-2.3%に下げている

参考元:「コロナ衝撃」現実、第1四半期の成長率後退どこまで(韓国語・newsis2020年4月18日)

 

韓国の2020年経済成長はマイナスの見通し

韓国の2020年経済成長はマイナスの見通しとなっています。まずは新型肺炎の影響が出始めた第1四半期の数字に注目が集まっています。

 

2020年第1四半期のGDP成長のマイナスはそれほど大きくない?

2020年第1四半期のGDPのマイナスはフィッチは-0.3%と予想しています。それほど大きなマイナスとは予想していないのですが現実にはどうなるか?

フィッチがマイナス予想をそれほど大きくしなかったのは輸出が善戦しているからでしょう。1月輸出はマイナスだったものの1日あたりではプラスでした。2月は1日あたりだと減少ですが上昇、そして3月も小幅下落となっています。

(参考:韓国、2020年1月の輸出も6.1%減少で14ヶ月連続減だけど上昇基調!?

(参考:韓国の2月輸出は前年比4.5%増で15ヶ月ぶり​​に前年比プラス!

(参考:韓国2020年3月輸出は0.2%減で大善戦!?

韓国は外需依存度が高いのですがその輸出がそれほど大きく落ち込んでおらずGDP成長率もそれほど大きくないというのがフィッチの予想でしょう。

ただし内需はかなりやられています。デパートの売上などは30%以上の大幅下落、旅行関連は半分以下になっています。その他サービス業、外食産業などは軒並み壊滅的な打撃を受けている状況。

当然のことながら企業業績は悪化、投資も減っていると思われます。

その一方で通販業、医療系などは大幅プラスとなっておりどこまで相殺できるのか?という状況です。フィッチの読みはさすがに甘すぎるのではないかと思いますが現実にはどうなっているのでしょう?個人的には1.0%程度のマイナスと予想します。

 

2020年第2四半期から本格的に落ち込む?

そしてフィッチは第2四半期は-3.0%と第1四半期よりも大きく落ち込むと予想しています。

これは2020年3月に海外が軒並み停止しているからです。韓国企業の外国工場も軒並み停止。それによる打撃はかなり大きいと見られます。

また輸出も低迷する可能性が高いとされています。現実に4月10日までの輸出は20%近い大幅減少。そのまま月末までいくとかなり厳しい状況と言えます。

(参考:韓国2020年4月10日までの輸出が18.6%の大幅減少

あと気になるのは韓国の雇用です。

すでに19万人以上の新規就業者減少で大惨事レベル、更には求職者が前年比で5倍近い160万人もいる状況でこのうちどれぐらいの人が失業者に転落するのか心配されるところです。

(参考:韓国の2020年3月就業者数19万人減と10年ぶり減少、失業率も悪化

(参考:韓国の失業者数が2020年4月に爆発する?

更にぎりぎりのところで踏ん張っている企業も多い状況。倒産が増えれば更に雇用が減ることになります。今が踏ん張り時なのですが何とかなるのでしょうか?今後の韓国企業の状況に注目と言えるでしょう。

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。

<韓国の主な反応>

  • 選挙が終わった途端に経済よくない、雇用よくないという記事が目白押し
  • 文政権が数字を出すのを止めていたのだろうね。これも選挙対策
  • 他の国でも数字は悪い。これはさすがに仕方がないのでは?
  • IMFの予想では韓国が1位なんだよね。雰囲気的には最悪だけど、、、
  • そもそも昨年が予想よりもかなり落ち込んだ。そこから更に落ち込むだけでもひどい状況なんだけど
  • そうだね。企業の余力がないのは文政権が企業いじめしたからだ。急に頑張れと言われても無理な話
  • 当面は内需も外需も駄目そうだね。今まで厳しかったけどこれからが本番だ

 

サイト主からのお願い!

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています。応援クリックはこちら⇒人気ブログランキングへ
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)