韓国の自動車生産台数が2019年は400万台以下が確定、そして2020年は更に厳しい

韓国の自動車製造が減少、400万台を切りそう!?
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

韓国の自動車生産台数、2019年は400万台以下になったという報道がありました。詳細をチェックしていきましょう。


スポンサーリンク

記事「韓経:韓国の自動車生産台数、年400万台割れ…「まさか」が現実に」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:韓経:韓国の自動車生産台数、年400万台割れ…「まさか」が現実に

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 2019年は韓国の国内自動車生産台数が10年ぶりに400万台を割り込むことに、実際の生産台数は395万台程度になったと思われる
  • 年間400万台の生産は韓国自動車産業の生態系を維持するためのマジノ線と言われており危険な状況
  • 国内の自動車生産台数が400万台を切ったのはグローバル金融危機直後の2009年(351万台)以来
  • 特に韓国GM、ルノーサムスン、双龍自動車の中堅3社がふるわない状況、生き残りをかけて早期退職など構造調整も実施
  • 国内販売台数はルノーサムスン22.0%減、韓国GMは9.9%減、双龍車は6.5%減と軒並み減少、最悪の年と言われた2018年よりも悪い状況に
  • 今年は自動車の個別消費税引き下げ措置(5.0%→3.5%)が終了し更に厳しい状況になる可能性も
  • エコカーなどに光明を見出したいところ

参考元:韓経:韓国の自動車生産台数、年400万台割れ…「まさか」が現実に(中央日報2020年1月3日)

 

韓国の国内自動車製造が危機的状況に

韓国の国内自動車製造が危機的状況になっています。

2019年は全体的にウォン安だったので輸出中心の韓国企業としては恵まれた状況でした。それにも関わらず自動車中堅3社は厳しい状況。

ボイコットジャパンもあったので日本自動車の販売数も減少し、その追い風があったにも関わらずです。

韓国の国内自動車製造、特に中堅3社ははこれら有利な状況だったにも関わらず2018年よりも製造や販売を落としたということで復活はかなり厳しいと思われます。

2019年時点で3社共に従業員を解雇しつつの構造調整、赤字での支援要請とか散々な状況です。

(参考:双龍自動車が倒産のピンチ?韓国政府に支援要請

(参考:ルノーサムスン、日産車の生産中止で倒産の危機?

(参考:韓国GMが非正社員約650人の契約を解除

2020年で好転する材料があるわけでもなく、逆に消費税の減税効果が無くなることで駆け込み臑兪も終了。2020年は国内自動車販売は減少する可能性が高い。当然のこながら中堅3社は更に業績が悪くなる可能性が高く、いつ倒産してもおかしくない。

2020年には双竜自動車は借り換えさえもできない状況、ルノーサムスンは日産の生産中止で販売台数が更に減るものと思われます。韓国GMも多数の従業員の契約解除で生き残りの瀬戸際。

あとルノーサムスンはサムスンのロゴも外れるという話もあり、そうなると更に国内販売が減る可能性も。

(参考:ルノーサムスンから「サムスン」が消える、ルノーは韓国撤退か?

良い材料は何もなし。2020年は2019年よりも厳しい状況になりそうで、最悪3社共にダウンするなり韓国撤退してもおかしくない。チキンレースの状況?仮に倒産する会社が出てくるとその周辺の中小企業は連鎖的に倒産するので大混乱に陥ります。

唯一、問題無さそうなのが現代自動車と起亜自動車ですが、、、あくまでも2019年はウォン安で輸出が好調だったためです。ウォン高に動くとこの2社も厳しい状況になります。

2020年は瀕死の自動車業界から韓国経済に問題が発生するのかもしれません。

こんな状況でもストで頑張る労組は多少は空気読んで欲しいところ。

(参考:ルノーサムスン労組がストで関係会社が工場閉鎖の危機

労組の活動によってルノーサムスンが撤退したら大問題になりそうですが、、、。

 

サイト主からのお願い

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

 

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



6 件のコメント

  • 韓国経済が落ち込んだとしても私は何も心配していない。
    それで飢え死にする韓国人はいない。
    1960年代朴正熙が登場する韓国と比べれば今の韓国
    は豊かになった。
    問題は韓国企業の技術革新が続くかどうかだ。
    これを契機に多くの技術者が財閥企業から離れて新しく事業を起こせるかどうかだ。
    彼らの努力を支える金融資本の協力があるかどうかだ。
    必要とあれば外資でもいい。
    日本の資本でもいい。
    問題はそれを理解できる能力がムンジェインの集団には欠けているということだ。
    韓国企業の技術革新が注目を集める時が間もなく来るだろう。

  • 400万台国内生産が韓国自動車産業の生命線で、それを割り込んでいる、ということですね。
    解説記事を読めば読むほど、明光が湧いてきませんね。
    も少し大きくとらえて、上述の金国鎮氏のコメントに同感。
    昔と比べるとずいぶん豊かになった。
    生き残りをかけ、韓国企業の技術革新への、奮起を促したい。

  • ますます経済が冷え込みそうですね。今後、現代やキアもどうなるかわかりませんよね。

  • 今の労組がある限りは自動車業界は厳しそうですね。
    自動車生産は部品メーカーなどの多くの中小零細企業に影響するので、もし自動車業界が破滅すれば韓国経済は壊滅することになりかねません。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)