現代自動車が中国市場で新車交換プログラムなどを実施

現代自動車が中国市場で新車交換プログラムなどを実施
いつも読んでくれてありがとう!今日も頑張ります!
ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ

現代自動車が中国市場で新車交換プログラムなどの攻撃的なマーケティングを実施するようです。ここ最近、中国市場でシェアを落としていた現代自動車ですがシェア奪回できるのでしょうか?それでは報道の内容などを見ていきましょう。


スポンサーリンク

記事「現代車、中国でも攻撃的マーケティング…「失業すれば車買い戻し」」より

記事をざっくりとまとめると以下のような感じ。

記事タイトル:現代車、中国でも攻撃的マーケティング…「失業すれば車買い戻し」

 

<記事をざっくりまとめてみると>

  • 現代自動車グループがシェアを落とした中国市場の復活のため攻撃的なマーケティング戦略を開始
  • 大きく分けて「心安礼得」「愛新不断」の2つの新しい制度を導入
  • 「心安礼得」は「出庫1カ月以内に考えが変われば他のモデルに変える」「1年以内に事故にあえば同一モデルの新車に交換する」「失業して自動車が不必要になれば自動車返却で残りの割賦金を代納する」
  • 「愛新不断」は「失業・伝染病などで所得がなくなれば6カ月間の割賦金を代納したり車両返却を条件に同一金額の慰労金を支払う」「出庫1年以内の走行距離・事故履歴など条件を満たせば他の新車に交換する」
  • 2009年のリーマン・ショック後にアメリカで購買後1年以内に失業すれば車を買い戻す「アシュアランスプログラム」を運営しシェア拡大した、その時と同じような戦略
  • 今回の新型肺炎では世界各国が被害を受けているがいち早く回復傾向にある中国でまずはシェア拡大を狙いを絞った形

参考元:現代車、中国でも攻撃的マーケティング…「失業すれば車買い戻し」(中央日報2020年4月6日)

 

現代自動車グループが中国市場に攻撃的なマーケティングでチャレンジ

現代自動車グループ(現代自動車、起亜自動車)が中国市場に攻撃的なマーケティングを開始します。

 

現代自動車グループの攻撃的マーケティング

現代自動車グループは中国市場に狙いを定めて攻撃的なマーケティングを開始します。その内容は大きく分けて2つ。

「心安礼得」の「出庫1カ月以内に考えが変われば他のモデルに変える」「1年以内に事故にあえば同一モデルの新車に交換する」「1年以内に失業して自動車が不必要になれば自動車返却で残りの割賦金を代納する」

「愛新不断」は「失業・伝染病などで所得がなくなれば6カ月間の割賦金を代納したり車両返却を条件に同一金額の慰労金を支払う」「出庫1年以内の走行距離・事故履歴など条件を満たせば他の新車に交換する」の2種類。

特におもしろいのは出庫1ヶ月以内に考えれば他のモデルに変更できるという点でしょうか。あと事故にあえば同一モデルの新車に交換するというのもおもしろい。

この辺り、抜け道は塞いでいるとは思うのですが例えば自動車保険に入った人が保険金を受領しつつ新車交換できればぼろもうけなので、故意の事故などを起こす人が出てくる可能性などを感じます。中国市場だけにちょっと心配。保険会社とのトラブルもあり得るかも?と感じるところです。

 

ピンチをチャンスに変える戦略を再び

この辺りの攻撃的プログラムは過去のリーマンショックの時にアメリカで行ったプログラム、1年以内に失業すれば車を買い戻す「アシュアランスプログラム」に近い形。

他国の自動車製造が麻痺している状況でチャンスと考えたのでしょう。新型肺炎の被害からいち早く脱出し需要が復活しつつある中国市場をいち早く奪おうという戦略でピンチをチャンスに変えようという戦略と言えます。

逆に言えば火事場泥棒的なところもあるので嫌がられる可能性はあるかもしれませんが、、、

直近では2014年に10%近くあったシェアがTHAADなどの影響で5%程度まで落ちています。現代自動車のシェア拡大戦略がうまくいくか注目です。

2019年には絶好調で余裕があるだけに取れた戦略とも言えそうですが今回のプログラムで中国市場をうまく攻略できれば2020年の現代自動車も期待できるかもしれません。

(参考:現代自動車の売上、営業利益の推移

 

韓国の反応

韓国の主な反応は以下の通り。

<韓国の主な反応>

  • 現代自動車はやはり国民より外国人を優遇するグローバル現代
  • 何故、国内で同じことをしない?中国と同じマーケティングを国内でもやらないと現代自動車が信用できない
  • もう中国に行って帰ってこなくてもいいよ
  • いや、これって過去にも韓国で一時やっていた戦略では?
  • 新車交換で残った車を韓国で売るようなことはないだろうね?
  • それはかなりありえるね
  • そうだね。外装だけ変えたら新車のように見えるし
  • 韓国では労組のためにできない戦略では?
  • いや労組は関係あるまい

 

サイト主からのお願い!

たける
いつもありがとうございます。最後まで読んでくれた人にお願い!当サイト継続のために人気ブログランキングのクリックやコメント、ツイッターでの紹介など宜しくお願いします。当サイトは皆様の協力で成り立っています。応援クリックはこちら⇒人気ブログランキングへ
フェイスブックで最新情報も配信開始
<いいね、シェアも宜しく>

 

ブログ継続のための応援クリック宜しくです!⇒人気ブログランキングへ
★SNSフォローも宜しくです★

ツイッター⇒韓国の経済、韓国の反応など

フェイスブック⇒韓国の経済、韓国の反応など

SNSフォローで最新情報チェックしてね!

ブログランキングも参加しています。更新のために応援クリックお願いします
↓↓

アンケート投票&結果


スポンサーリンク
<コメント欄の利用に関して>
少し下にコメント欄があるので使ってください。名前とメールアドレスは無くても書き込みできますが名前欄にはニックネームだけでも入れてもらえると助かります。ただし承認制となっています。内容によっては表示されない場合もあるので予めご了承ください。管理人自体が若輩者で分からないことが多いのでコメントなどでいろいろ教えてもらえると助かります



3 件のコメント

  • 1ヶ月以内なら他の車に交換出来るって中古車だけなのかなぁ、新車もやったら全部中古車になっちゃいそう。

  • 現地工場を再開するよう、支那政府から要求されているのでしょう。
    ただ、車をつくっても、山のような在庫を抱えるわけにはいかないため、
    今回の奇策を思いついたのでしょう。売上げを立てたい一心なのだと思います。
    新車が中古や傷モノになれば、他所に転売する販売戦略でしょう。
    身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、でしょうか。3か月後の結果発表が楽しみです。

  • 民度の低い国には通用しないのではないでしょうか。
    現代自動車も攻撃的な戦略に出たようですが、撃沈は間違いなしですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)